介護業界には様々な仕事があります。
良く知られているのが施設で働く介護士という仕事。
高齢者の自宅に赴いて介護サービスを提供する訪問介護の仕事。
ケアプランを作成したり介護サービスを利用するための手続きを代行したり、デスクワークをメインとするケアマネジャーの仕事。
それぞれに魅力ややりがいがあり、高齢者やその家族にとっても欠かせない仕事になっています。

その中でも多くの人が働いているのが、介護施設でしょう。
介護施設には特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの入居型介護施設、デイサービスなどの通所型介護施設などがあります。
介護施設で働くことの魅力の一つは、現場の管理者が介護福祉士の場合、介護資格が無くても身体介護サービスの提供ができるという点です。
例えば、ホームヘルパーの場合は一人で身体介護サービスの提供を行う必要があるため、事前に介護資格の取得を済ませておかなければなりません。
しかし、介護福祉士の管理下であれば、介護の資格がなくてもすぐにスタッフとして働き始めることができます。

さらに介護施設には介護に直接的には関係のない、様々な職種の人たちも働いています。
施設の調理スタッフや、デイサービス利用者のための送迎ドライバーなど、自分のこれまでの経験を介護の現場で活かすことができるのも施設で働く魅力の一つと言えます。
初めて介護業界で働く人や、介護の現場がどのようなものなのかを体験してみたい人は、まずは介護以外の分野で働いてみてはいかがでしょうか。
介護業界への転職を考えている人には、コチラのサイト施設介護の規模を知って転職へが参考になります。