介護施設での勤務は、高齢者の生活を支えているという使命感を持って働ける点が魅力です。
訪問介護も高齢者の生活を支える点では変わらないですが、介護施設ではより多くの高齢者が生活していて、職員の力を必要としています。
そのため、多くの利用者から色々なことを求められて大変ではありますが、人の役に立っていると感じながら働けるのは幸せなことです。

利用者とコミュニケーションをとりつつ仕事をする必要があるので、賑やかな雰囲気の中働けるのも魅力的です。
悩みや要望を聞くのはもちろん、他愛のない雑談に応じることも仕事の一つと言えます。
施設に馴染めていない高齢者や、自宅に愛着がある高齢者はどこか寂しさを感じながら日々施設で暮らしています。
そんな寂しい気持ちでいる利用者に寄り添い、紛らわせてあげることで施設での生活が楽しくなるのです。
会話をすることで自分も相手も脳の機能が活性化するというメリットもあります。

介護施設勤務の魅力は多々ありますが、同時に様々な問題点を解消していかないと心地良く働くことはできません。
介護施設は賑やかですが、多くの高齢者が暮らすだけに人間関係が複雑になってしまうケースがあります。
顔を合わせる度に喧嘩をしたり、仲間外れにするなどのトラブルはよくある話です。
痴呆の症状が出るなどすれば更に問題は複雑化するので難しくなりますが、双方が不快にならないような対応や策が求められます。
あまりにも酷い場合は、家族を呼んで説得してもらうなどの工夫が必要になることも考えられます。