介護業界の仕事の中で、無資格でもすぐに働き始めることができる可能性があるのが介護施設でしょう。
基本的に高齢者に対して身体介護サービスを提供する時には、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などの介護資格を取得していなければなりません。

しかし、介護施設などでは介護福祉士が現場リーダーを務めていることが多く、介護福祉士の管理下であれば無資格でも身体介護サービスを提供しても良いことになっています。
そのため、他業界から介護業界への転職を考えている人にとっては事前に介護資格を取得せずにすぐに働き始められることに魅力を感じ、介護施設勤務を希望する人がたくさんいるのです。
さらに、無資格の人達が介護施設で働きながら、介護資格の取得を目指すことができるような環境づくりに取り組んでいるところもあります。
そのようなところでは資格支援制度を整え、資格取得費用の負担をしたり、講座に通うためにシフトや勤務時間の調整を行ってくれたりといった支援が行われています。

また、介護施設では高齢者に対して直接的に介護サービスを提供していない人もたくさん働いています。
高齢者が体調を崩した時に医療ケアを行う医療スタッフや、高齢者の食事を作る調理師や管理栄養士、施設や高齢者の個室を清掃する清掃スタッフなど、様々な職業の人が働いています。
介護施設は、資格は持っていないけれど何かしらの形で介護の現場で活躍したいと言う人にとって魅力的な職場なのです。